知っているようで知らないペット葬儀について

ペット葬儀の種類と流れについて

大切なペットがあの世へと旅立ってしまうのは悲しいことです。ペット葬儀の種類や利用の流れ、費用、霊園など基本的な情報を知っておけば最後のお別れの際にしっかりと見送ってあげることができます・

ペット葬儀の種類を知ろう

合同葬
ペット葬儀と言ってもその種類は実に様々です。その中でも合同葬ではたくさんのお友達と一緒に火葬をしてお見送りをするペット葬儀になります。基本的に合同葬ではお骨上げや火葬立会いはできないのが一般的です。
個別葬
個別葬は合同葬とは違って、大切なペットを個別に火葬することができるペット葬儀になります。個別葬には立会いが出来るものとそうでないものがあり、種類によってペット葬儀の流れや費用が異なります。
自宅葬
自宅葬では、自宅に移動火葬車で訪問してもらい火葬を行ないます。しかし低品質な業者を選んでしまうと、近隣住民とトラブルになることもあるので注意が必要です。

葬儀の流れ

連絡と葬儀のプラン決め

種類を把握したら次は全体の流れを確認しておきましょう。とにかく、まずはペット葬儀業者に連絡し、各葬儀プランから自分の希望に沿ったものを選びましょう。

迎えが来るまでペットの安置

ペット葬儀業者の予約状況によっては、自宅に遺体を安置しなければなりません。暑い時期の場合、氷もしくはドライアイスを用意しておきましょう。

ペットを納める

次のステップとしてはプラン内容によっても異なりますが、ペット葬儀を行なう会場もしくは火葬車にペットを納めます。

火葬

いよいよお別れの時。火葬の際には献花や副葬品を一緒に入れることが可能ですが、物質の種類によっては断られることがあります。事前に確認しておきましょう。

納骨や供養

火葬後に返骨を希望する場合はそのまま引き取り、返骨を希望しない場合はペット葬儀業者によって納骨室にて供養されることになります。

大まかなペット葬儀の流れになりますが、プランや業者のサービスによって内容が変動することもあるので、依頼する前に確認しておくことが大切です。

ペット葬儀の費用っていくらくらいかかるの?

ペット葬儀を利用する上でやはり気になるのが費用の部分でしょう。いざという時に慌てないためにも費用相場を確認しておきましょう。

ペット葬儀の費用相場について

ペット葬儀の費用相場を教えてください。
自治体に依頼した場合1万円以内。ペット葬儀業者に依頼した場合、ペットの大きさや葬儀プランにもよりますが3万円~6万円というのが費用相場になります。
ゴミ収集車

費用を抑えることだけ考えると、自治体が良いかもしれません。しかし自治体の場合、焼却後に返骨してくれることもあれば、一方では有料ゴミとして焼却処分されることもあります。このように葬儀内容は自治体によって異なるので注意しましょう。

TOPボタン